うつは治療で完治できる【自分に合ったクリニックを選ぶ】

  1. ホーム
  2. 接し方を知る

接し方を知る

医者

高圧的にならないこと

うつ病患者への接し方で重要なのは、否定的にならないこと、決めつけないことです。うつ病患者は0もしくは100でしか物事を考えることができません。そんな状態の患者に対して高圧的な態度をとったりすると症状が悪化してしまう場合があります。最悪の場合社会復帰にも影響が出てしまうので、接し方には注意が必要です。では、どのように治療に際して接するのが良いのかというと、これには正解はありません。なぜなら患者によってうつ病の症状が違うためです。ただ一つ言えることは、日常会話するような感覚で接すれば、大きな影響を与えることはないということです。リラックスできる環境を用意して、その雰囲気の中で患者の話を聞くだけで良いのです。無理に演出する必要はなく、ただ何気なく接することが完治までの近道であることに間違いないのです。うつ病の治療には時間がかかり、周りの人間もイライラしてしまうことがあります。しかし、そこは暖かく見守りながら経過を見ていくことにしましょう。それだけで患者は安心した気持ちになります。うつ病患者を心療内科へ連れて行くと、検査を行います。はじめての検診であれば、うつ病の原因や治療方法の確立のために、様々な質問をしていきます。何気ない日常会話から簡単なテストまで幅広い検査を行い、その患者にどんな治療が適しているのかを調べていきます。医者と一対一の会話だからといって緊張することはありません。仮に緊張してしまうのであれば、家族や友人などサポート可能な人間を連れて行くと良いでしょう。医師は周りの人間から情報を集め最適な治療方法を説明してくれます。なお、検査結果によって薬が詳報される場合がありますが、その薬だけでうつ病が治るわけではありませんので、覚えておきましょう。うつ病における薬とは悪循環の原因となっている脳機能を正しくするための薬です。リラックスできる環境を作り出し、快適な睡眠ができるように薬にて調整をしていきます。治療で一番大事になるのは、患者本人がストレスを感じない環境を維持することです。難しいかもしれませんが、これを検査にて説明されることが多いです。