うつは治療で完治できる【自分に合ったクリニックを選ぶ】

  1. ホーム
  2. 早期の発見

早期の発見

男性

心のトラブルに関して

間もなく五月ですが、かつては五月病という言葉が深刻化していました。五月になるとヤル気がなくなってしまい、何をするにも楽しくなくなってしまう症状です。新入社員を中心とする若者に多いと言われていて、社会問題になっていた時期があります。ただ、近年は五月病という表現が使われることが少なくなりました。それに代わって登場したのが、うつ病ではないでしょうか。症状は極めてよく似ていますが、うつ病の方がより深刻だと言えます。治療をすれば必ず良くなる病気ですが、意外にも自らがうつだと気付いていない方が大半です。気付くのが遅れてしまうと、症状が悪化してしまいます。職場のメンタルチェックが義務化されていますが、些細な変化を見逃さないことが周囲の役目と言えるはずです。声をかけることもそうですし、心療内科への受診を勧めるのも有効ではないでしょうか。投薬治療やカウンセリングを行うことで、症状が改善に向かい社会復帰が可能になるはずです。発症する患者は右肩上がりに増えていますし、誰にでも起こりうる問題です。うつ病を発症する方の大部分が、職場や家庭でのトラブルを抱えてしまっています。最初は小さなトラブルであっても、誰にも相談出来ずにいるうちに取り返しが付かない状況に追い込まれてしまいます。大切なことは、気分転換の術を持っておくことです。治療を始める前には、自らの置かれている環境や心情を素直に打ち明けることが必要になります。医師や看護師は心の声に耳を傾けてくれますし、傾聴してもらうことが何よりの薬になると言われています。うつ病の代表的な症状としてあるのが、不眠と食欲不振だと言われています。この二つは密接に関連していますが、睡眠導入剤を出してもらえることで改善に向かうはずです。治療の期間としては、半年〜一年が一般的だと言われています。長期的なスパンで見守ることが重要ですし、再発のチェックも怠らないようにして下さい。同じうつで悩んでいる方と話をすることで、悩みが共有出来ることがあります。SNSやブログを使うのも効果的ですし、ストレス発散の方法を模索しておくことです。